ウェブ

スプレッドシートの使い方 ~導入編~

スプレッドシートの使い方について書きます。
この記事では、既にあるデータへのアクセス方法に特化して書きますね。

スプレッドシートとは何か?

まず、スプレッドシートとは何か?
スプレッドシートとは、Google社が提供しているオンライン表計算ソフトです。Excelを使った事はありますか?スプレットシートは、Excelのグーグル版と考えて頂ければOKです。機能もほぼ一緒です。

オンラインで使用できる

スプレッドシートの特徴に「オンラインで操作できること」があげられます。インターネットにつながっていればどのパソコンからでもアクセス可能。もちろん、スマホからもアクセス可能です。

そのため、常時オンラインでデータを保存できます。最新データが保存されます!また、共同編集も可能ですので、データを複数人で共有したり編集したりする場合にも、とても便利です。

無料で使える

グーグルアカウントさえあれば、スプレッドシートを無料で使用可能です!グーグルアカウントをお持ちでなければ、アカウント作成から対応してください。グーグルアカウント作成についても無料です。

スプレッドシートの特徴に「オンラインで操作できること」があげられます。インターネットにつながっていればどのパソコン、スマホからでもアクセス可能。

そのため常時、しかもオンラインでデータを保存できます。最新データが保存されるので、パソコンが破損しても問題なし、さらには共同編集も可能です。

既にあるデータへのアクセス方法 スマホ版

冒頭でも書いた様に、今回は既にあるデータへのアクセス方法に特化して書きます。コミュニティー等で、このデータを共有して管理していきましょう、と言われた場合に、その特定されたデータにたどり着くまでを本記事でサポートします。

スプレッドシートアプリをダウンロード

スプレッドシートのアプリがあります。まず、それをダウンロードしてください。これで下準備が完了です。

グーグルドライブをインストール

グーグルドライブはインストールしなくても大丈夫なケースも大アリなのですが、逆に未インストールだと上手くスプレッドシートに飛べないケースがあったので、グーグルドライブのインストールも推奨です。

URLでアクセス

スプレットシートのデータには、1つ1つにURLが付いています。ネット上の住所の様なものですね。既にあるデータ(共有したいデータ)のURLをデータ作成者から教えてもらいましょう。そのURLをコピーしておいて下さいね。

実際にやってみましょう!

ではでは!実際にスプレッドシートを開いてみましょう。

アプリから開く

1.スプレッドシートのアプリを開きます。

2.右下の+マークをタップします

3.新しいスプレッドシートをタップします


新しい無地のシートが出てきます。

4.1つのセルを選択します


どのセルでも良いです。1つセルを選択して、共有したいデータのURLを張り付けましょう!セルを1つ選択してタップすると、小窓が出てきて張り付けボタンがでてきますよ~。CTRL+Vのショートカット利用で張り付けてもOK!

5.URLを貼り付けてリンクに飛びます


URLを張り付けた後にもう一度そのセルをタップすると、小窓が出てきますよ!「リンクを開く」をタップするとデータにとべるはずです!

既にあるデータへとぶ方法は以上です。無事データにとべたかな?