仕事

商社で英語は必要?現役商社マンが教えます

商社 英語

この記事は、商社で働くために英語力の必要性を知りたい人向けの記事です。

「商社で働く事に興味はあるけど、英語力に不安がある!」

「商社で働くには、英語は必要なの?」

「英語力が必要ならどの程度必要なの?」

その疑問の答えを書いていきます。

その前に・・・「商社とは何?」 「商社の仕事内容は?」 について知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

商社とは
商社とは?現役商社マンがわかりやすく説明します!商社とはなに?わかりやすく説明します。商社マンの勤めている会社:商社ってそもそも何なの?そんな疑問にサクっと簡潔に解決します。...
商社とは 仕事内容
商社とは!主な仕事内容をわかりやすく説明:製品を調達・販売するトレーディング業です商社は「製品を調達・販売するトレーディング業(卸売業)」が主な仕事内容です。つまり、製品を売りたい側と、製品を買いたい側の仲介をするのが商社の仕事内容です。この記事では、実際の具体例を挙げてわかりやすく説明します。...

商社で働くには、英語は必要?

商社 英語 

 

商社で働くには英語は必要?の疑問の答えは、「必要」です。

英語については、入社前・入社後の2つのタイミングで必要です。

入社前・・・採用試験のときに英語力の有無を確認されます

入社後・・・実務で使う場合があります

昇格試験の受験資格に英語力の有無が含まれる場合があります

つまり、「会社に入る前も入った後も英語力は必要」です。

ただし、実務として実際に英語を使用する/しないは配属先によって変わるため、確認が必要です。

入社前:採用試験のときに英語力の有無を確認されます

入社前には、採用試験のときに英語力の有無を確認されます。

書類選考:履歴書の提出

採用試験では、まず、第一関門に書類選考があります。

「履歴書」に、所有している資格について書く欄がありますよね?

英語については、英検やTOEIC、TOEFLの点数を持っている人は、資格内容や点数を書きますよね?

グローバル化が進んでいるので、企業は英語ができる人を求めています。

英語の資格を持っている人は、まず注目度が上がります。

筆記試験:英語の試験

次に、書類審査を通過した後は、筆記試験です。

一般常識問題や時事問題を出題する企業が多いですが、英語の試験が行われる企業もあります。

難易度は低い事が多いので、それほど身構える必要はないです。

最低、高校生が習う英語くらいまでは理解しておいた方が無難でしょう。

 

入社後:実際の必要/不要は配属される部署によって違う

英語が実際に必要か不要かは、配属される部署によって違います。

貿易部や海外支援部など、取引先が海外の企業の場合には、英語を使いますので、実際の英語力も必要となります。

私は専門商社の営業事務員ですが、普段の業務で英語を使うことはほとんどありません。

 

稀に、英語の資料を読むことがありますが、分からない場合は即海外支援部にHELP!を出し、翻訳してもらったり、教えてもらったりしちゃいますwなので、英語ができなくても普段の業務に支障は出ません!

 

貿易業務や海外とのやり取りに興味がある方は、英語力が必要になります!

 

英語力の有無は何で判断されるの?

商社 英語

 

英語力の有無は何で判断されるのか?

その答えは、TOEICの点数です。

 

入社前:履歴書に記載されたTOEIC点数で判断

入社前は、書類選考の時に提出する履歴書に書かれたTOEICの点数で、英語力の有無を判断されます。

英検の資格より、TOEICの点数が判断基準とされることが多いです。

では、TOEICの点数はどのくらいあったら良いのでしょうか?

TOEIC試験を行っている団体が公式に調査をした結果がこちらです。

商社 英語

※引用元:一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会

目安として、新入社員は565点、中途採用社員には710点を企業は期待しているそうです。

2013年のデータだから、今はもっと高い点数を求められていそうだね

 

企業の大小や配属される部署によって英語力を求めている度合いが違う為一概には言えませんが、目安としてこの点数は抑えておきましょう。

 

入社後:昇格試験の受験条件にTOEICの点数が含まれている場合がある

入社後もウカウカしていられません。

昇格試験の受験資格に、TOEICの点数が条件として含まれている場合があります。

条件になっているTOEICの点数を持っていないと、昇格試験を受験することすら出来ないのよ!

こちらの興味深い調査データをご覧ください。

商社 英語

 

※引用元:一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会

2013年にTOEIC試験を運営している団体が公式に調査したデータです。

TOEICの点数を、異動、昇格、昇給の要件にする企業は15.8%、用件にしていないが将来はそうする可能性がある企業は45.2%です。

したがって約60%の企業がTOEICの点数を重要視している事が分かります。

 

良い/悪いは別として・・・実際に私の会社では、仕事がめっちゃできて上司からの信頼がとても厚かったり、将来をかなり期待されていたりしても、TOEICの点数が低くて昇格試験の受験資格を得られない、なんて人がたくさんいます・・。

 

TOEICの点数を持ていないから、ずっと一般社員のまま、なんて悲劇もありえますね・・

 

また、点数の条件が数年に1回くらいのサイクルで更新される為、TOEICの点数が条件に満たずに降格している人もいます・・・。

 

昨日まで係長だった人が主任になっている・・。TOEICの点数が条件に満たないからという理由で・・・なんか切ない。

 

普段の業務で英語を使用しなくても、英語(TOEICの点数)が必要なのは、ここに理由があります。

サラリーマンであれば、一般社員→主任→係長→課長→部長・・・とキャリアアップを目指したいですよね?

ましてやその逆(降格)は避けたいですよね?

仕事だけできれば良いワケではないのです。

上司から気に入られているだけではだめなのです。

昇格試験を受ける為の資格に、英語(TOEICの点数)が条件入りしているからです。

企業によって違うかと思いますが、やはり点数は持っておく方が良いでしょう。

 

TOEICのおすすめの勉強方法はある?

商社 英語

TOEICのおすすめの方法をご紹介します。

おおまかに4つのポイントがあります。

  1. 英単語や文法を覚える
  2. リスニングで耳を鍛える
  3. 英文を読んでリーディング力をつける
  4. TOEICの試験の出題形式に慣れる

皆さん忙しい日常を送られていると思いますので、効率的に勉強を進めたいですよね?

独学で進める上でのおすすめの本を、項目ごとに厳選しましたのでご覧ください。

英単語や文法を覚える

単語力がTOEICの点数に大きな影響を与えます。

リスニングでもリーディングでも、英単語を知らなければ理解は難しいでしょう。

TOEIC受験者に人気な単語帳は「新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ」です。

初心者から上級者までレベルを問わず使えます。

TOEIC用の単語帳は最低1冊用意すると良いでしょう。

リスニングで耳を鍛える

リスニング力を鍛えるのにおすすめなのは、「英語耳」です。

発音ができるとリスニングができる!

本のサブタイトルにある通り、発音を強化するとリスニング力が上がります。

おすすめの1冊です。

英文を読んでリーディング力をつける

リーヂィング対策におすすめなのは「TOEIC(R)テスト新形式精選模試リーディング」「TOEIC(R)テスト新形式精選模試リーディング2」です。

TOIECの内容に忠実であり、解説も丁寧で分かりやすいです。

問題ごとの正解率も載っているため、一般的につまずきやすいポイントも抑えることが出来ます。

TOEIC試験の出題形式に慣れる

TOEIC試験の出題形式に慣れることも大事です。

「公式TOEIC Listening & Reading 問題集 5」では、TOEICを運営している一般社団法人国際ビジネスコミュニケーション協会が発行し、本試験と同じプロセスで作られているとあって、本番にもっとも近い問題が掲載されています。

何度も繰り返し問題を解いてみることで、出題形式に慣れること、出題傾向もつかむことが出来ます。

【まとめ】商社で英語は必要?現役商社マンが教えます

商社 英語

この記事は、商社で働くために英語力の必要性を知りたい人向けに書きました。

商社で働くには、英語は必要です。

入社前・・・採用試験のときに英語力の有無を確認されます

入社後・・・実務で使う場合があります

昇格試験の受験資格に英語力の有無が含まれる場合があります

英語力の有無はTOEICの点数で判断されます。

TOEIC試験を運営している一般財団法人国際ビジネスコミュニケーションの調査結果によると、新入社員は565点、中途採用社員は710点を企業側は期待しているそうです。(2013年調査データより)

また、入社後の昇格試験の受験資格にTOEICの点数が条件に含まれている場合があります。

商社で働くには、入社前も入社後も英語力(TOEICの点数)は必要ですので、点数はきちんと持っておくことをおすすめします。

実際の英語力の有無(話せる、聞ける、理解が出来る、読める等)は、配属される部署によって違うため、確認が必要です。

貿易部や海外の方と実際にやり取りがあるような部署では、実務的な英語力が必要です!

 

TOEICの点数をもっていることで、英語ができますということを企業側にアピールできるといいですね♪

就職活動、転職活動が成功することを祈っています^^

 

 

今回の記事は以上です。

しょこちん(@shoko92111)でした!

ツイッターではブログ更新情報を発信中!気になる方は大黒柱ママしょこちん(@shoko92111)フォローしてね♪